読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows10の取扱説明書

Windows10の非公式マニュアルサイトです。アップデートして「これ便利」と思ったネタをメモしていきます。

Windows 10の「デスクトップの表示」ボタンの場所

Tips

 『Windows 7/8.1』で便利だったタスクバーへの「デスクトップの表示」アイコンの追加ですが、『Windows 10』では最初から組み込まれています。

 デスクトップにあるショートカットアイコンやフォルダを利用したいのに、たくさんウインドウを開いてしまって邪魔なとき、ウインドウをそれぞれ最小化するのは面倒ですよね?

f:id:digimaga:20160716193541j:plain

 そこで便利なボタンが「デスクトップの表示」です。

「デスクトップの表示」ボタンは右下に

 Windows 10では、デスクトップ画面の右下にある「細長い棒」がデスクトップの表示ボタンとして設定されています。

f:id:digimaga:20160716193543j:plain

 このボタンをクリックすると、全てのウインドウが最小化されデスクトップ画面を確認できます。

f:id:digimaga:20160716193544j:plain

 ボタンを再度クリックすると、さきほど閉じたウインドウが開いて元の画面に戻ります。

タスクバーの右クリックメニューにも

 デスクトップの表示は、タスクバーを右クリックしたあとに開くメニュー内にもあります。

f:id:digimaga:20160716193547j:plain

キーボードショートカットは「Win + D」

 キーボードのショートカットも用意されています。

 「Win」キーと「D」キーを同時押しすると、「デスクトップの表示」ボタンをクリックしたときと同じ動作が行われます。